10月の日銀のETF買入れ額は減少したものの、大規模緩和の出口はまだ見えていない。

日銀のETF買い入れがペースダウン

 日銀が11月1日に公表した日銀当座預金増減要因と金融調節(2017年10月実績)によると、ETF(指数連動型上場投資信託)買い入れの10月末残高は16兆0913億円になった(うち4665億円は設備・人材投資に積極的に取り組んでいる企業の株式を対象に別枠で買い入れたETF)<■図1>。

■図1:日銀のETF買入残高(月末)
(出所)日銀

 9月末残高からの変動幅は+2491億円。これは2016年4月末(+2167億円)以来の小さなプラス幅である<■図2>。日銀がETFの年間買い入れ額を約3.3兆円から約6兆円にほぼ倍増させたのは2016年7月29日であり、それより前に記録して以来ということなので、足元で起こった買い入れペースダウンがいかに異例であるかがわかる。

■図2:日銀のETF買入残高(月末)の前月末差
(出所)日銀資料より筆者作成

 なお、日銀が発表した上記の数字は簿価ベースであり、買い入れ後の株価値上がりが加味されていない。日本経済新聞が試算して報じたところによると、日銀が買い入れたETFの残高は、時価ベースではすでに20兆円を大きく超えている。また、日銀の数字は受け渡しが終わって決済が完了したETFについて計上したものであり、約定日ベースの実績とは異なっている。