「債券市場」「株式市場」「為替市場」いずれもゆがんだまま

 このように見てくると、大規模な長期国債買い入れの継続によって先行きの景気・物価および財政規律に関するシグナルを発信する機能が消えてしまっている債券市場、多額のETF買い入れによって需給面から下落する余地が狭まっており人為的な水準底上げが起こっている株式市場に加えて、為替市場でも、日銀による大規模で異例の金融政策の長期化によって、相場形成がゆがめられている面があると言えそうである。

 そうなっている間、水面下では不均衡を是正する方向(=円高ドル安方向)でエネルギーが蓄積していると考えられる。となると、円高ショックをなんとしても回避しようとする日銀は、金融引き締めにはますます動きにくくなるという袋小路に陥る。異次元緩和はこの面からも、やめるにやめられない「エンドレス」になっている。

 債券市場などの機能不全について、「物価2%達成」を金科玉条とする日銀擁護派からは「大義のためなのでそれでもいい」といった声も聞こえてくる。だが、本当にそれでいいのか。国民一人ひとりがじっくり考える必要があるように思う。異次元緩和がスタートした当初から筆者は、そうした「大義」自体が間違っているという立場である。

この記事はシリーズ「上野泰也のエコノミック・ソナー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。