トランプ米大統領とプーチン露大統領のキスを描いた落書。「ロシアゲート」疑惑のなりゆき次第で、トランプ大統領もニクソン37代大統領の二の舞いに?(写真:AP/アフロ)

「恐怖指数」が歴史的な低水準を記録

 シカゴ・オプション取引所(CBOE)が公表している、S&P500種株価指数を対象とするオプション取引のデータから算出される変動性指数(VIX)、通称「恐怖指数」が、歴史的な低水準を記録した。この指数が20を超えると株価急落への市場の恐怖感が高まった状態とされているのだが、5月8日の終値はそれよりもはるかに低い10をさらに下回る9.77(前週末比▲0.80ポイント)になり、1993年12月27日以来の低い水準が記録された。前日7日に行われた仏大統領選決選投票で中道のマクロン候補が勝利。極右ルペン候補が予想以上の差をつけられて敗退したことにより、欧州の政治イベントに基づく株価の下落リスクが薄れたからだという説明が一般的である。

■図1:「恐怖指数」(VIX)
(出所)シカゴ・オプション取引所(CBOE)

 だが実は、VIXの終値は昨年の米大統領選挙の直前、11月3日と4日に22台まで上昇した後は、ほとんどの日で15未満にとどまっている。市場参加者の恐怖心が薄れた(VIXは株価急上昇期待がある場合も高くなることを踏まえてより正確に言えば、急に大きな動きがあることへの警戒感が薄れた)状態が、このところ定着していると言えるだろう。