ムンバイの野菜販売店に貼り付けられた「paytm(ペイティーエム)」のボードは、インドのモバイル決済最大手Paytmがサービスを提供する、スマホでの電子決済が可能な店の目印。専用アプリをダウンロードすれば、スマホで手軽に代金を支払うことができる。(写真:ロイター/アフロ)

キャッシュレス化のメリットとデメリット

 日本人の現金選好、米国と比べた「キャッシュレス化」の難しさを、筆者は以前に取り上げた(当コラム5月16日配信「『現金大国ニッポン』を読み解く」ご参照)。この問題について、もう少し考えてみたい。

 2014年秋に刊行された「キャッシュレス革命2020」研究会編著『キャッシュレス革命2020 電子決済がつくり出す新しい社会』(日経BP社)は、「キャッシュレス化の効用」として9項目を列挙している。それらのうちいくつかについて、筆者が考えるデメリットを指摘してみよう<図1>。

図1:「キャッシュレス化の効用」として挙げられた9項目と、筆者が考えるデメリット
「キャッシュレス化の効用」として指摘された点 筆者が考えるデメリット
①迅速性 高速道路におけるETCカード、交通系電子マネー、食品スーパーレジにおけるクレジットカード少額決済(サイン不要)などに代表される、決済の迅速な完了 日本ではクレジットカード決済にサインなどの手間がかかる場合が少なくない。また、誤って決済してしまった場合の取り消し手続きが現金よりも面倒
②経済性 現金授受に関連する各種コストの削減が可能 キャッシュレス決済の端末導入などに経費が必要
③安全性 現金を持ち歩く際に伴う盗難のリスクが大幅に減少 クレジットカードや電子マネーが盗まれた場合、届出・手続きが必要。前者の場合、被害金額がかなり大きくなるリスクも(後者ではチャージ金額以内)
④透明性 透明で正確な取引履歴記録が残るため、普通の人にとっては便利で、現金が持つ不透明性とは正反対 不正取引や脱税・犯罪絡みでなくても、取引履歴を他人には知られたくないケースも存在
⑤情報収集性 取引情報をビッグデータとして販売促進に活用したり、不正使用のチェックに利用したりすることが可能 詳細な取引情報は個人情報でもあるため、消費者の側はそれらが漏えいするリスクをどうしても警戒
⑥機動性 給付用プリペイドカードを用いれば、大災害発生時の支援金を現金や口座振込よりも迅速に支給可能 (特になし)
⑦コントロール性 政府が消費喚起を試みる場合、給付用プリペイドカードを用いれば効率が良い(使い道の制限も可能) 商品券配布の場合と同様、現金での支払いがプリペイドカード払いに振り替わるだけに終わる恐れ
⑧市場創造性 オンラインでのカード決済普及が新たな市場であるインターネットショッピングの創造と成長に貢献 (特になし)
⑨国際性 クレジットカードで海外でもキャッシュレス決済が可能(ドル、ユーロに次ぐ「第3の通貨」的な位置付け) (特になし)
(出所)「キャッシュレス革命2020」研究会編著『キャッシュレス革命2020』(日経BP社)を基に筆者作成。