女性の支出の絞り込みには「5つのステップ」がある

 今回は景気の動向について、女性の消費の観点から考えてみる。

女性による支出額の絞り込みの段階には「5つのステップ」がある。リーマンショック後の景気の「谷」の2009年3月には、すべてのステップでマイナスとなった

 2008年9月に「リーマンショック」が発生した後の、景気後退局面の「谷」は2009年3月である。女性が購買層の中心である百貨店の売上高統計(同年4月の全国百貨店売上高)を基にして筆者は当時、女性層による支出額の絞り込みには、以下のように「5つのステップ」があることを指摘した(「プラス」「マイナス」は既存店ベースの前年同月比を示している)。

■図1:女性の買い物減少「5つのステップ」(リーマンショック発生後、2009年4月)
支出額絞り込みの段階(ステップ) 支出絞込みの対象 説明 マイナスの期間
【ステップ1】 「美術・宝飾・貴金属」 いわゆる「光り物」を買うのをやめる 2007年3月以降、26か月連続マイナス
【ステップ2】 「婦人服・洋品」 ファッションにかけるお金を減らす 2007年7月以降、22か月連続マイナス
【ステップ3】 「惣菜」 「デパ地下」のお惣菜を買うといった、ちょっとしたぜい沢も手控える 2008年6月以降、11か月連続マイナス
【ステップ4】 「食堂喫茶」 「ちょっと喫茶店で休憩」もやめるようになる。ランチも安い店で 2008年8月以降、9か月連続マイナス
【ステップ5】 「化粧品」 多くの女性にとって重要な化粧品代も、ついに削減対象になる 2008年12月以降、5か月連続マイナス

 では、足元の状況はどうなっているだろうか。全国百貨店売上高の2016年3月分が、4月19日に公表されている。上記のステップ5つについて直近の状況を記すと、以下のようになる。わかりやすいように、足元で前年同月比がプラスになっているものには〇を、マイナスになっているものには●を付けてある。

■図2:女性の買い物減少「5つのステップ」(2016年3月)
支出額絞り込みの段階(ステップ) 支出絞込みの対象 直近の状況 マイナスの期間
【ステップ1】 「美術・宝飾・貴金属」 前年同月比▲4.3%/2か月ぶりマイナス
【ステップ2】 「婦人服・洋品」 前年同月比▲8.3%/5か月連続マイナス
【ステップ3】 「惣菜」 前年同月比+0.0%/2か月連続プラス
【ステップ4】 「食堂喫茶」 前年同月比▲4.5%/5か月連続マイナス
【ステップ5】 「化粧品」 前年同月比+13.0%/12か月連続プラス

 〇が2つ、●が3つであり、2009年4月のような女性層による支出絞り込みのきれいなステップ感は、少なくともこの統計上では見出されなくなっている。その大きな理由は、中国人など訪日外国人によるインバウンド消費の増加である。