「こないだから、こういうときは、そういう質問をするときは調べて聞くと教えてあげただろうが。恥をかくから、よく調べてから聞いた方がいい。28ドルぐらいか何かになっているだろ。米国産標準油種(WTI)は少し上がっていると思うけども」

「総じて雇用は悪くないし、米連邦公開市場委員会(FOMC)のイエレン(議長)のところもそのままにしてありますし、(中略)ハードランディングでクラッシュするということのないようにみんなしている、気を使っている、お互いに連絡、取り合っているということを意味しているので、(中略)急に悪くなっているという話では全然ないと思いますね」

「灯油の値段も知らないのか、みんな」

「今、灯油いくらだ。灯油って、リッターいくらだ。話にならないな、これは。家庭環境について麻生さんは全く詳しく知らないとか言って、灯油の値段も知らないのか、みんな。はい、終わります」

◆2月2日 ~ 日本経済は「金がなくて需要がある」のでなく、「金はあるが需要がない」

(日銀のマイナス金利が銀行経営にどのような影響を及ぼすか、との問いに)

「過去70年間、敗戦後71年間でマイナス金利をやったことは歴史的にはないから、いろんな初めてのことが起きるので、いろいろな未経験の領域みたいなことをやっておられるので、いろいろ不安定な感情的なものも分からないことがないとは思うが」

「少なくとも金融機関に対して、過度な圧迫というようなことがないということで、過度な金融機関に圧迫があると、いわゆる金融仲介機能と、いわゆる銀行が企業に対する仲介するとか融資するとかそういった機能に衰えが出る(中略)、今回のを見れば、一律にマイナス金利するなんて言っているんじゃなくて、内容をよく読んでないと、そういうこと言うので(後略)」

「俺は予想屋やっているんじゃないからね」

「いずれにしても金融庁として、そういったような内容なので、金融機関というのは、今のような状況においては、金はある、需要がないというのが日本の経済であって、金がなくて需要があるなんていう状況じゃないから、(中略)われわれとしてもそういった状況にあるかないか、各金融機関の内容をよくモニタリングしていかなくてはいけないということなんだと思いますけどね」

(不動産王ドナルド・トランプ氏が仮に米国の大統領になった場合、オバマ政権後の米国の対日政策の変化で警戒すべき点や今から予想されることは何があるか、との問いに)

「俺財務大臣やっているんで、予想屋やっているんじゃないからね。間違いないでもらいたい。どこか飲み会の質問ならともかくも、財研(財務省記者クラブ)の記者で公式の席で、他国の大臣が他国の大統領についてのいろんなことを言うことはありませんから」

次ページ 「世界的にリスクが激しく上下、左右に動いている」