写真=山田 哲也

”「教えすぎない」のが私の指導理念です。”(村上 恭和 日本生命保険女子卓球部監督(卓球女子日本代表・前監督))

名言の解説:ミスをすぐに注意したら、考える時間を奪ってしまう。以前は指示待ちの選手が多くいましたが、世界で戦ってきた選手には自分で考える習慣が身に付いています。解決策が見つからなさそうな時だけ、助言するようにしています。

有訓無訓(日経ビジネス2016年12月19日号より)
※肩書きは雑誌掲載時のものです。