(写真=竹井 俊晴)

“社員がその仕事や会社を嫌っていると株価が低迷する。”(ラリー・フィンク 米ブラックロック会長兼CEO)

名言の解説:その中でも『極めて良い会社』は他と何が違うかというと、社員が感情的に会社に帰属意識を持っているかどうかが重要なわけです。単に何かを売るのではなく、社会的な目的があるんだということを感じて、その上で会社のためにやっていこうという帰属意識があると、非常に良い業績を出し、株価を上げることが分かっています。

編集長インタビュー(日経ビジネス2017年10月30日号より)
※肩書きは雑誌掲載時のものです。