”電機の世界では、易しい道を選んでしまえば、すぐに競合他社にまねされてしまう。”(施 崇棠 華碩電脳(エイスース)董事長)

名言の解説:どれだけ苦労したか、どれだけつらいことを乗り越えられたか。そのブレークスルーによって生まれた製品は必ず競争力のあるものになるはずです。パソコンから始まった会社ですが、決してここにとどまらず常に上を目指し、思いもつかないような製品を生み出し続ける企業でいてほしいです。

編集長インタビュー(日経ビジネス2016年10月31日号より)
※肩書きは雑誌掲載時のものです。