“国は夜から衰退する。”(加茂 純 CDOクラブジャパン代表)

名言の解説:全てが日本とは逆。ベトナム・ホーチミンで若者が深夜までバイクを乗り回しているのも、カンボジア・シェムリアップで露店が延々と店を開けているのも、理由があるのである。そんな夜のにぎわいに陰りが差すのは、まさに市場と社会が成熟に向かい始めた兆候。

特集(日経ビジネス2017年9月25日号より)
※肩書きは雑誌掲載時のものです。

図1です
図2です
[画像のクリックで拡大表示]
図3です
[画像のクリックで拡大表示]

親要素で定義、または継承しているfont-sizeに対して、
超特大「fontSizeXXL」
特大「fontSizeXL」
大「fontSizeL」
小「fontSizeS」
小「fontSizeXS」
を定義します。

サイトテーマカラー。
強基本強段階A強段階B弱基本弱段階A段階B
強基本強段階A強段階B弱基本弱段階A段階B

黒白系。
強基本強段階A強段階B弱基本弱段階A段階B
強基本強段階A強段階B弱基本弱段階A段階B

文字色
黒(black)グレー(Gray)シルバー(Silver)白(White)赤(Red)黄色(Yellow)ライム(Lime)アクア(Aqua)青(Blue) フクシャ・赤紫色(Fuchsia)エンジ(Maroon)オリーブ色(Olive)緑(Green)青緑・ティール(Teal)濃紺・ネイビー(Navy)紫(Purple)

背景色
黒(Black)グレー(Gray)シルバー(Silver)白(White)赤(Red)黄色(Yellow)ライム(Lime)アクア(Aqua)青(Blue) フクシャ・赤紫色(Fuchsia)エンジ(Maroon)オリーブ色(Olive)緑(Green)青緑・ティール(Teal)濃紺・ネイビー(Navy)紫(Purple)

テキストで太字にする部分は、bタグclassの「ボールド」でマークアップする。emタグstrongタグはイタリックやボールドとせず、これらタグを太字にする場合は、emタグにclass「ボールド」strongタグにclass「ボールド」をマークアップする。

テキストを斜体にする部分は、iタグ、もしくは、classの「イタリック」、でマークアップする。

テキストで上付きにする部分は、supタグでマークアップする。

テキストで下付きにする部分は、subタグでマークアップする。

テキストに実線下線を引くときはuタグclass「実線下線」を、 非実線下線のときはclass「非実線下線」を使う。

テキストに取り消し線を引く場合は、class「取り消し線」を使う。

テキストにマーカーを引くとき、強調系はマーカー基本色マーカー追加色Aマーカー追加色Bの3種を使用できる。

抑制的系の弱マーカー基本色弱マーカー追加色A弱マーカー追加色Bの3種も使用できる。

このテキストは左寄せです。

このテキストgは左右中央です。

このテキストは右寄せです。

↓手前の文章A1↓


↑後続の文章A2↑

↓手前の文章B1↓


↑後続の文章B2↑

↓手前の文章C1↓


↑後続の文章C2↑

↓手前の文章D1↓


↑後続の文章D2↑

float:leftのみ解除する。

float:rightのみ解除する。

float:leftとfloat:rightの両方を解除する。

当該divの子要素にfloatが設定されていても、親要素から子要素がはみ出さないようにする。