“経営者が変わるたびに経営の方向性も変わるようではだめです。”(渡邉 光一郎 第一生命保険会長)

名言の解説:DSR(Dai-ichi’s Social Responsibility)という考え方は第一生命社員のよりどころであり、長期にわたって生き続けるものにしたいと思っています。後は、これを基に環境の変化に対応した改革を続ければいいのです。長期的な視点を持ちながら、短期の急変にも即座に対応できる企業になるために必要なのは理念ではないでしょうか。

有訓無訓(日経ビジネス2017年9月25日号より)
※肩書きは雑誌掲載時のものです。