写真=水野 浩志

”アクティブラーニングを成功させるための究極の方法は、中間・期末考査をやめることだ。”(山本 崇雄 東京都立両国高等学校・附属中学校主幹教諭)

名言の解説:決してテストがいらないと言っているわけではないんです。ペーパーテストも含めスピーチやエッセーなど多様なテストをそれぞれの教科の必要なタイミングで取り入れなければならない。だけど今は、「テストに出るぞ」、が生徒の動機づけになっている授業があまりにも多すぎる。

編集長インタビュー(日経ビジネス2016年9月26日号より)
※肩書きは雑誌掲載時のものです。