(写真=清水 盟貴)

“日本には、まだ中国が決して勝てないものがある。それは、優れた「中間層」の人材だ。”(丹羽 宇一郎 伊藤忠商事元会長)

名言の解説:中国のリーダーたちが今、日本から学びたいと思っているのは、日本の中間層が持つ誠実さやチームプレーを重視する「文化」だ。中国は基本的に個人主義が根強く、企業内でも業界内でもチームプレーを重視しようという発想に欠けている。何かをしようというときに、グループでまとまるということが、ほとんどない。

賢人の警鐘(日経ビジネス2018年9月10日号より)
※肩書きは雑誌掲載時のものです。