写真=共同通信

“仮に日本政府が借金返済を一度に迫られても、最後の最後には日銀からカネを借りることができる。”(藤井 聡 京都大学大学院教授)

名言の解説:日本政府の財政状況を楽観視する理由について2つのポイントを挙げる。一つは、日本政府の借金の大半は、デフォルト(債務不履行)となったギリシャなどと異なり、自国通貨の円建てであること。そして、日本には通貨発行権があることだ。ギリシャの借金は、発行権がない通貨のユーロ建てが中心だった。

特集(日経ビジネス2016年8月29日号より)
※肩書きは雑誌掲載時のものです。