“激化する競争に生き残るためには、現場がもっと危機感を持つ必要がある。”(勝野 哲 中部電力社長)

名言の解説:何のために会社全体の稼ぎ頭を切り出したのか、もっと考えてもらいたい。JERAに移る可能性のある社員を心配する声が、社内にあるのは事実だ。だが中部電に残る人も、「自分たちは大丈夫なのか」と自問してほしい。

企業研究(日経ビジネス2017年8月7日・14日号より)
※肩書きは雑誌掲載時のものです。