“私には、世界各国のトップが「エンタメ系」になってしまっているような気がしてならない。”(丹羽 宇一郎 伊藤忠商事前会長)

名言の解説:ポピュリズムが台頭する時代、市民に選ばれるリーダーは、一時のブームによって人気が左右されるエンターテインメント業界のタレントと似たようなものになりがちだ。現状に不満を持つ市民の感情をつかめれば人気は一気に高まるが、スキャンダルなどで逆風が吹けば、あっという間に支持を失う。そのような浮ついた状況では、長期的なビジョンに基づいてヒト・モノ・カネを動かすことなどはできない。

賢人の警鐘(日経ビジネス2017年7月31日号より)
※肩書きは雑誌掲載時のものです。