“日本の問題は、この従業員の熱意が世界に比べて低いことにある。”(ジム・クリフトン 米ギャラップ会長兼CEO(最高経営責任者))

名言の解説:熱意ある従業員の割合はわずか6%。これは米国の32%、世界平均の15%を大きく下回る。逆に周囲に不満をまき散らすような極めて熱意が低い無気力な従業員の割合は、24%と高水準。これは組織をむしばむ従業員であり、生産性の向上を阻害している要因だ。

時事深層(日経ビジネス2017年7月31日号より)
※肩書きは雑誌掲載時のものです。