“今は統合と分散の間で、どこが最適解かを探る 「チューニング」の時代と言える。”(小林 喜光 三菱ケミカルホールディングス会長)

名言の解説:世界は統合、グローバリズムに向かっていたが、それによって生じた格差に対する不満と、移民への不満が重なってナショナリズムに火がつき、分裂の動きが出てきた。

特集(日経ビジネス2016年7月25日号より)
※肩書きは雑誌掲載時のものです。