写真:竹井 俊晴

“30年後を見据えてゼロから自由に考えてほしいと社員には伝えている。”(髙松 富也 ダイドードリンコ社長)

名言の解説:自動販売機の台数は業界全体で完全に頭打ちとなり、1台当たりの売り上げも減少傾向にある。消費者が自販機からコンビニエンスストアやスーパーに流れているのが一番の課題だ。安定した売り上げの見込める立地の取り合いは一層激化し、かつてのような「ドル箱」とは言えない。

企業研究(日経ビジネス2016年7月4日号より)
※肩書きは雑誌掲載時のものです。