“働き方改革によって残業時間の削減効果が特に高かったのは、子供の頃に夏休みの宿題を後回しにしていた人だった。”(佐々木 周作 京都大学大学院特定講師)

名言の解説:この傾向を持つ人はもともと残業時間が多かったのだろう。さらに、平等主義者や周りを妬む人も働き方改革前から残業が多い傾向にあり、改革による残業削減効果が高かった。

気鋭の経済論点(日経ビジネス2018年6月18日号より)
※肩書きは雑誌掲載時のものです。