(写真=鈴木 愛子)

“お客様は「より良いものを持ちたい」という意欲をお持ちなのです。”(上原 勇七 印傳屋会長・十三代当主)

今日の名言:国道246号線という大通りに構えた店には、さまざまなお客様がお見えになります。今、どんなデザインが流行しているか、使ってみたらここが不便だった、こんな商品がほしい──。お客様は私たちよりもずっと商品に詳しく、店には実に貴重な情報が集まります。

有訓無訓(日経ビジネス2018年6月18日号より)
※肩書きは雑誌掲載時のものです。