写真:小倉 正嗣

“「なぜ、こうした方がいいのか」を理解させずに人を動かすことはあり得ない。”(永守 重信 日本電産会長兼社長)

名言の解説:当社には、「圧勝の三条件」「(日本電産の)三大精神」といった考え方がある。前者は「(市場には)一番に参入する」「技術優位性で勝つ」「低コストである」といったもの。常に、スピード良く動き、技術とコストで勝つ意識を持てということだ。後者は、「情熱・熱意・執念」「知的ハードワーキング」「すぐやる、必ずやる、出来るまでやる」という創業以来掲げてきた行動原理である。他にもこうした企業としての考え方、行動原理はあるが、これらを押しつけるのではなく、分かってもらうところから始めることが今は必要になっているのだと思う。

賢人の警鐘(日経ビジネス2016年5月23日号より)
※肩書きは雑誌掲載時のものです。