写真=大槻 純一

“プロフェッショナルとして、勝負どころで安易に妥協するなら仕事をする意味がない。”(手嶋 龍一 作家・ジャーナリスト)

名言の解説:目先の出世がちらつき、職場の空気に配慮したりして、事実を曲げ、書くべきことを伏せた文書などいくらでもある。僕も大組織に身を置いた経験がありますから、常に筋を通せとは言いません。

有訓無訓(日経ビジネス2017年5月29日号より)
※肩書きは雑誌掲載時のものです。