写真=陶山 勉

“これからは、成長を目指すフェーズに移らなければなりません。”(鎌上 信也 OKI社長)

名言の解説:2016年度は現在の中期経営計画の最終年度なので、今秋には次の中計を発表します。その際、新しい成長の芽をどこに求めていくかを明確に示したいと思っています。社内では最近、「モードチェンジ」と言い始めました。従来は、普通の状態に戻そうというフェーズだった。だから今年度は、そういう思いを共有して、2017年度からの新しい中計への助走と位置付けています。

新社長の独白(日経ビジネス2016年5月9日号より)
※肩書きは雑誌掲載時のものです。