写真=永川 智子

“支持率の改善をより進めたいと トランプ大統領が考えれば、日本も米国の 貿易制裁の標的となる可能性は十分にある。”(ビル・エモット 英エコノミスト誌元編集長)

名言の解説:貿易面でトランプ大統領の仮想敵となるかどうかは、2国間の貿易収支がカギを握っている。今やほとんどの経済学者にとっては理解できない理屈だが、トランプ大統領相手には、このゲームのルールに従う必要がある。米国に対して貿易黒字を抱える日本は、そのリスクを常に想定しておいた方がいいだろう。

賢人の警鐘(日経ビジネス2017年5月8日号より)
※肩書きは雑誌掲載時のものです。