“鉄筋工やとび職などの職人は10年間修業して、 ようやく一人前といわれてきた。 しかし、私からすれば都市伝説としか思えない。”(蟹澤 宏剛 芝浦工業大学 教授)

名言の解説:きちんとカリキュラムを作れば、3年ほどで十分なスキルを身に付けた職人を養成できることは諸外国の例をみれば明らかである。弟子が独立すると、使い勝手が良い労働力が減るだけでなく、ノウハウも流出してしまう。だから積極的に教えようとしないのだ。

気鋭の経済論点(日経ビジネス2017年5月8日号より)
※肩書きは雑誌掲載時のものです。