写真=吉成 大輔

“韓国がダメでも、日本なら技術を見る「目」が 投資家にあるはずだ。”(崔 元根 ダブル・スコープ社長)

名言の解説:韓国で生まれ育った崔社長は、当然最初は韓国での起業を考えた。VCや大手銀行など50社近くを回った。「日本のお家芸なんだから、ベンチャーじゃ無理」「その試作品は、どこか大手の製品じゃないの」……。出資してくれる投資家はゼロだった。

企業研究(日経ビジネス2017年5月1日号より)
※肩書きは雑誌掲載時のものです。