(写真=北山 宏一)

“一番問題なのは、保護貿易主義が世界に広がりつつあることです。”(林田 英治 JFEホールディングス社長)

『トランプリスク』といったら、もうここです。米国が極端な保護貿易に走れば、各国も報復的な措置で対抗することになります。そうなれば、鉄鋼業界だけでなく幅広い産業が打撃を受けます。

編集長インタビュー(日経ビジネス2018年4月9日号より)
※肩書きは雑誌掲載時のものです。