(写真=北山 宏一)

“自分が正しいと思うことをやり遂げる。 そのためのルーティンを作れるかが大事。”(前村 孝志 前H2Aロケット打ち上げ執行責任者、現有人宇宙システム常務)

名言の解説:私はいつも、何かあったときのことを主体的に考えていました。トラブルがあったときに、なぜ、自分は打ち上げにゴーサインを出したのか。あるいは、なぜ、打ち上げを延期したのか、と。そのためにもプロセスをきっちり確立し、ルーティンを守ることが必要になるのです。

有訓無訓(日経ビジネス2018年4月2日号より)
※肩書きは雑誌掲載時のものです。