写真=的野 弘路

“500店舗だった頃と同じやり方で、現在の1300店舗を動かそうとしていた。”(野中 正人 しまむら社長)

名言の解説:粗利益率を下げてでもいいから過剰在庫をゼロにせよ──。野中社長が、そう決めて痛みを伴う改革に着手したのが、2015年初めのことだ。全ての商品に販売を終了させる期限を設け、期限内に値引きしても売れ残ったものについては店頭に置かず、ハサミを入れて処分するよう徹底した。

企業研究(日経ビジネス2016年4月4日号より)
※肩書きは雑誌掲載時のものです。