写真=的野 弘路

“たとえ短くとも密度の濃い 人生にすればいい。”(大関 東支夫 全国技能士会連合会会長)

名言の解説:もし、人並みの寿命が得られるなら「人生を3分割したい」と思い描いていました。まず定年までは仕事をきっちり果たし、定年後はそれまでと違う仕事をする。その上で世の中にご恩返しをしていくというものです。幸いにも私には健康運があったようで、願い通りの三毛作人生を歩んでいます。

有訓無訓(日経ビジネス2017年3月20日号より)
※肩書きは雑誌掲載時のものです。