(写真=清水 盟貴)

“若手社員に現場力を身に付けさせるため、 「修羅場、土壇場、正念場」を 経験するように促しています。”(飯島 彰己 三井物産会長)

名言の解説:ギリギリのところまで自分を追い込むことによって、現場力は高まるからです。私自身、若いころに数多くのトラブルや失敗を経験したからこそ、このことを実感しています。どんな仕事にもリスクは常に隣り合わせにあると体験を通じて知ることで、リスクがあっても躊躇せずに新しいことに挑戦する意欲も高まります。

有訓無訓(日経ビジネス2018年3月19日号より)
※肩書きは雑誌掲載時のものです。