(写真=松本 真宏)

“それで本当に勝てるのか。 ロマンとソロバンのはざまで葛藤しました。”(金井 誠太 マツダ会長)

名言の解説:フォードの戦略に完全に乗ってしまうのは、規模のメリットが出たとしても、世界一をやりたい立場からは、やっぱり物足りない。突き詰めると、言い方は悪いですが、マツダはフォード向けに技術開発や部品製造をするための会社になりかねない。それでいいのか。そんなはずはないだろう。

集中連載 金井会長が語る(日経ビジネス2018年3月12日号より)
※肩書きは雑誌掲載時のものです。