“日本のこれまでの繁栄の礎とも言える 人材開発力を、特に企業が 早急に取り戻す必要がある。”(ビル・エモット 英エコノミスト誌 元編集長)

名言の解説:人材投資こそが、新たなイノベーションを生み出すことは日本の過去の歴史を見れば明らかだ。優秀な学生が労働市場に参加した後も、継続して能力を高めていく。地味だが愚直な施策を続けることが、日本経済の今後の発展の基礎となる。政府は何よりも、人的資源の開発に注力すべきだ。

賢人の警鐘(日経ビジネス2018年3月5日号より)
※肩書きは雑誌掲載時のものです。