写真:永川 智子

“現在の資源安が引き起こした新興国経済の失速は、97 ~ 98年の状況と似ている。”(ビル・エモット 英エコノミスト誌元編集長)

名言の解説:経済悪化は政治の混乱へと波及するおそれがある。新興国市場で経済危機が相次いだのは97年から98年だった。その後、インドネシアでは独裁者のスハルトが失脚し、国内情勢が混乱した。ロシアでは、債務不履行によって当時のボリス・エリツィン大統領の政権が崩壊、ウラジーミル・プーチン現大統領の台頭につながった。

賢人の警鐘(日経ビジネス2016年2月15日号より)
※肩書きは雑誌掲載時のものです。