“現職は辺野古移設については触れず、選挙の争点にすることを避けていました。”(志村 恵一郎 元沖縄県庁職員)

名言の解説:敗因についてはさらなる分析が必要だとは思いますが、(普天間基地の閉鎖・返還に加え、名護市にある)辺野古への移設に反対するという私の訴えが、期間が短いこともあり、この選挙戦を通じて宜野湾市民には十分浸透しなかったからではないかと感じています。

敗軍の将、兵を語る(日経ビジネス2016年2月8日号より)
※肩書きは雑誌掲載時のものです。