(写真=加藤 康)

“外交と安全保障で大事にしたのは「振り子を素早く静かに戻す」こと。”(高村 正彦 自民党副総裁)

名言の解説:安保法制の仕事はこれを実践する場になりました。終戦後、それまでの軍国主義への反動から非武装がもてはやされた。しかし、これは現実的ではなかった。先人が日米安全保障条約を締結してくれたこと、そして自衛隊を作ってくれたことに続いて、安保法制を成立させることによって振れすぎた振り子を真ん中に戻すことに貢献できたと考えています。

有訓無訓(日経ビジネス2018年1月29日号より)
※肩書きは雑誌掲載時のものです。