写真:清水 盟貴

“本来はねじれがあることこそ、民主主義の根幹とも言える。”(丹羽 宇一郎 伊藤忠商事前会長 )

名言の解説:ねじれがなかったら、与党が決めた政策に誰が「ノー」と言えるのか。国益を考えれば、与党が決める政策を常に批判的にチェックする機能が必要だ。今の日本では、野党もメディアも、チェック機能を十分に果たしていない。そうした状況だからこそ、参議院のチェック機能が重要となる。

賢人の警鐘(日経ビジネス2016年1月25日号より)
※肩書きは雑誌掲載時のものです。