写真:浦川 祐史

“やると決めた以上は、何事も極め、自分で面白くしていくことが大事です。”(瀬戸上 健二郎 鹿児島県薩摩川内市下甑手打診療所長 「Dr.コトー診療所」のモデル医師)

名言の解説:これまで虫垂炎、ヘルニアから、食道がん、膵臓がん、肺がんなど通常診療所で手掛けるレベルでない手術もこなしてきました。いつも、さらなる高みを目指して努力してきたつもりです。何事もやるかやらないかの選択権はほとんどの場合、自分にある。

有訓無訓(日経ビジネス2016年1月18日号より)
※肩書きは雑誌掲載時のものです。