急加速のEVシフトに潜む5つの課題

2015年9月に開設した「バッテリー安全認証センター」内の電池圧壊試験室と装置。左は開設直後の未使用状態、右は多くの試験を実施してきた現在の様子(最大荷重:1000kN、最大速度:1.5mm/s、テストエリア:W2000×H600×D2000mm)
閉じる