そうでもしなければ、ホンダが中国で生産を開始するハイブリッド車(HV)のLIBは日本から輸出で対応するしかなかった。こうなると価格競争力の乏しいHVを中国市場に供給するビジネスにしかならない。

 もっとも、中国の西安と南京にそれぞれ工場を建設したサムスンSDIとLG化学のLIBを調達するといった方策もないわけではない。しかし、LG化学はラミネートタイプのLIBであり、ホンダが適用している角型LIBとは互換性がないので現実的な解とはならない。一方のサムスンSDIは、角型LIBを開発・生産しているものの、開発思想と開発プロセスにマッチング性がとれない。

 パナソニックの中国市場進出で、トヨタの調達にも幅が広がる。トヨタ系列のプライムアースEVエナジー(PEVE)はニッケル水素電池の生産工場を建設しているが、LIBを生産する日系電池メーカーがいなかった。パナソニックの中国投資で、トヨタのLIB調達も現地で可能となる。

 中国で電動化を加速する欧米各社に対しても、パナソニックはパートナー開拓のチャンスにもなる。中国で存在感を放つ独フォルクスワーゲン(VW)は、早急に電動化を加速させることを表明しているが、旧三洋電機とVWはニッケル水素電池でつながっていたことから、VWにとっても中国で生産する電動車両(xEV)用に対して、頼りがいのある存在になるだろう。

 一方日産だが、同車はラミネートタイプのものをオートモーティブエナジーサプライ(AESC)から購入している。ただ、AESCの親会社であるNECと日産が、中国まで投資拡大を図るかには疑問が残る。

 他方、LG化学がAESCと同様、ラミネートタイプのLIBを仏ルノー、米ゼネラルモーターズ(GM)、韓国現代自動車に供給していることを考慮すれば、中国国内ではLG化学が南京に建設したLIB工場から日産に供給するビジネスモデルは十分に考えられる。それによって、ルノーとのシナジー効果を発揮する副次効果も期待できることから、このシナリオの方が現実的かと筆者は考える。

 逆に、今回のパナソニックの新規展開は、韓国の2社に対しても大きな存在感を誇示することになる。サムスンSDIが意識するのは、LG化学とパナソニックであることから、正に日韓の電池各社の市場開拓競争が始まるきっかけができた構図となった。2016年の幕開けと同時に、今後の展開に注目が集まる。

業界間の技術提携

 日本が最先端を走っているxEVだが、日本がグローバルな技術提携を図り世界に貢献する時が到来したと考える。