また日銀の買いを期待して、日銀が買う前に日本株を買おうとする動き(いわゆる提灯買い)が活発化することも考えられます。そうなれば株価押し上げ効果は更に増幅されることになるでしょう。

 足元の株高が続くことも考えておかねばなりません。元々目標達成が困難になったのは、株価が急ピッチで上昇してしまったことが原因です。今後もこの傾向が続いて、目標達成が更に困難になることも考えておくべきでしょう。

日銀が警戒すべき2つのリスク

 上記のように日銀のETF買入れにより株価を押し上げた場合、日銀が警戒しなければならない2つのリスクがあります。

 1つは日銀が株価を押し上げながらETFを購入することへの非難です。今でも日本の株式市場には過熱感が感じられますが、日銀が目標達成を目指して積極的にETFを買い進めれば、過熱感は一段と強まるでしょう。その場合、「日銀主導のバブル」といったような批判が出る可能性があり、下手すると政治問題になることも考えられます。これは日銀としては避けなければならないものでしょう。

 より深刻な問題になりかねないのが、目標達成のために日銀がETFの買入れを続けている間は株価が上昇しますが、達成後は一転買い手不在となり、株価が急落するような事態です。こうした事態を避けるためには、できるだけゆっくり購入を進めることが望ましいのですが、そうすると目標達成は困難になります。どのようにして買入れを進めていくか、今後日銀は頭を痛めることになりそうです。

次ページ 買うべきか、買わざるべきか