私が見たところ、「留学生採用」において、日本企業は、日本人と同等レベルの日本語や、日本企業に順応する能力を求めており、ある意味で“日本人化”した人を好む傾向があるように思う。この尺度で「不合格」だった汪は、しかし、「英語力」や「素材力」を求め、「地頭がいい」北京大学や清華大学という一流ブランド大学出身の学生を欲する「海外採用」では引く手あまたになった。

 日本留学時代の汪が、今よりも「英語力」や「素材力」で劣っていたわけではない。彼女は、そうした素地を持った優秀なグローバル人材であり、かつ、流暢に日本語を話し、日本の文化風土を愛するという稀有な人材だった。にも関わらず、日本企業は、留学生採用において彼女を見出すことができなかった。

 幸いにも汪は、留学生採用の就職活動に失敗しても、海外採用で再チャレンジするほどの日本愛を持ってくれている人材だったから、日本の企業社会は彼女を迎え入れることができた。でも、もしそうでなかったとしたら…。「留学先に日本を選んでくれるような日本愛を持つ優秀なグローバル人材」という、日本企業がもっとも欲している人材を逃してしまっていたのかもしれない。

 一人の人間を採用することの難しさは、海外も国内も変わらない。「外国人人材」というだけで、レッテルを貼ったり、ある一側面でしか評価しなかったりするような採用を続けていると、本当に優秀な人材を取り逃がしてしまうのではないか。日本人を採用するのと同じように、外国人就職希望者それぞれとどれだけ真摯に向き合い、その長短を見極めるかが問われる時代になるように思う。

 今はまだ、給与など待遇面で、一般に日本企業は中国企業よりも有利だ。急激に中国での賃金が上昇しているといっても、ホワイトカラーの初任給(文系、学卒)で比較すると、日本人の給料は中国人(都市部)のそれの2.5倍に当たる。だからこそ、日本を目指し、日本企業で働きたいと熱望する学生もいる。しかし、数年後はどうだろうか。汪のように、何度落ちてもくじけずに日本企業への応募を続けてくれる留学生がどれくらいいるだろうか。

 就職時だけでなく、働きながらも「外国人」と「日本人」のはざまで悩むこともあるだろう。留学生として日本に適応した汪が、日本の巨大企業グループにも、同じように順応していけるだろうか、とも心配まで頭をよぎった。だがとにかく汪は今、社会人1年生として、真新しいスーツにハイヒールを履いて、仕事を覚えようと必死な毎日を送っている。これからも汪の社会人生活を応援し、ウォッチしていきたい。

中国人エリートは日本をめざす なぜ東大は中国人だらけなのか?
(中島 恵著、中公新書ラクレ)好評発売中

2015年の流行語大賞に輝いた「爆買い」。しかし、中国人の日本に対する興味は、「モノ」消費から「コト」消費、「体験」へと移行しており、さらに日本の生活者となるところにまで広がっている。彼らはなぜわざわざ来日し、東大・早稲田に進学したいのか? なぜ母国ではない日本の企業で働きたいのか? 中国人エリートの複雑な心理と中国社会の知られざる背景を読み説く一冊となっている。

まずは会員登録(無料)

有料会員限定記事を月3本まで閲覧できるなど、
有料会員の一部サービスを利用できます。

※こちらのページで日経ビジネス電子版の「有料会員」と「登録会員(無料)」の違いも紹介しています。

※有料登録手続きをしない限り、無料で一部サービスを利用し続けられます。