ロッカーに挟まった人を救助せよ!

 訓練では、駅舎外で起こった災害も想定している。線路脇のスペースでは倒れたロッカーに人間が挟まって身動きが取れなくなり、さらにその場で火事が発生しているという想定で訓練が行われた。

 まずは豊島消防署の自衛消防審査会で準優勝の実力を持つJR東日本東京支社の池袋駅自衛消防隊が初期消火にあたる。

自衛消防隊の皆さん

 火が消し止められたところで東京消防庁のバイク隊「クイックアタッカー」が到着。ドアオープナーと呼ばれる特殊な器具を使ってロッカーと地面の間にすき間を作り、挟まった人間(人形)を救出する模擬訓練が行われた。

東京消防庁のバイク隊「クイックアタッカー」
ドアオープナー。ドアなどのすき間に先端部分を差し込んだうえで起動させ、先端を広げる

 訓練は時間通りに始まり、時間通りに終わった。しかし災害はこちらの都合とおりにやってきてはくれない。密着を終えた“防災の鬼”渡辺氏は次のように語った。

 「東日本大震災が発災したとき、JRもそうですが各鉄道会社は駅の敷地の一部を一般の人が入れないように立ち入りを制限しました。これに当時の都知事だった石原慎太郎氏が噛み付いた。一般のお客さんを寒空のなかに放置したというわけです。でも、一面でしかたのないことなんです。

 もちろん被災者の救済も大切であることは論をまたない。でも災害が起こったとき、鉄道事業者の最も重要な任務は一刻も早く列車の運行を再開させることです。しかし、線路に誰かひとりでも立ち入ったら列車を走らせることはできません。だからホームや線路に通じる場所のシャッターを下ろすこともあるのです

 帰宅困難者対策としても、鉄道会社は改札内には一時滞留空間を設定していません。改札内からホームに一般の方が入れば、その方々の安全管理などの業務が発生し、本来業務である早期鉄道復旧に支障が生じることを理解しなければなりません」

 街から街に移動するとき、最短距離を結んでいるのは鉄道だ。列車が止まってしまった場合、「線路を歩けば確実で早い」と人は考える。実行する者も多くいた。しかしあまりにも危険な行為であると言わざるをえない。

 「あとね、新宿にしても池袋にしても渋谷にしても、巨大ターミナル駅の中心はJRなんです。JRの駅舎とホームを中心に各私鉄や地下鉄が伸び、上下左右前後に商業施設が広がる。だから災害対策のコアになるのはJR。空間全体の安全をどう維持するかということを考えるとJRを中心にせざるを得ないわけ。だからこうした訓練の音頭を取って定期的に行っていくのはJRの使命なんですよね。

 そして巨大ターミナルには多くの事業者が入っており、敷地境界で管理区分が設定されそれぞれに災害時対応が決められている。駅ごとに防災協議会が設置され、ここで災害時の総合的なオペレーションが協議されている。しかし、過去に新宿駅など巨大複合ターミナルの防災計画をお手伝いしたときに最大の課題として指摘したのが“各事業者間の災害時の情報共有”でした。この課題が解決できているのか、今回の訓練でも再確認・評価・改善してより安全な駅空間になって欲しいですね」(渡辺氏)