「防災をもっとオシャレにわかりやすくして、防災が当たり前の世の中をつくる」ということをビジョンに活動する一般社団法人・防災ガール。その代表を務める田中美咲さんに話を聞く、今回はその後編(前編はこちらからどうぞ)。防災ガール立ち上げの経緯や、同団体の現在の活動などについて、“防災の鬼”渡辺実氏が斬り込んでいく。

 東日本大震災直後に社会人となった田中さん。IT系の広告代理店に入社するも1年半で転職。震災後に立ち上がった公益社団法人に入って、福島県に住みながら情報発信を行っていく。防災にのめり込んでいく田中さんだが、防災への興味のきっかけは「興味がない」ということだったという。パラドックスのような話だが、これが彼女たち世代のリアルだ。

「防災って面白くないんですよ。絡んでくる法律とか仕組みは調べれば調べるほど複雑だし、無味乾燥。ぶっちゃけ興味がわかない。ものすごく大切なことなのに面白くない……。そういう部分にがぜん興味が湧いてきたという感じなんです(笑)。これをなんとか面白く、興味をもって挑戦できるようなものにしていきたいって思ったんです。そうしたことから防災ガールのテーマの根幹である『防災というものを面白く、興味深く“翻訳する”こと』が見えてきたんです」(田中氏)

 そして東日本大震災からちょうど2年目の2013年の3月11日、防災ガールは設立された。

「防災ガール、そのネーミングとかコンセプトの出どころはどういったところにあったんですか?」(渡辺氏)

「最初はものすごく安易だったんです。当時“森ガール”とか“山ガール”が流行っていました。自分たちの趣味や生き方をファッションでアピールする女の子たちですね。そこをちょっとひねって、考え方とか生き方でアピールするやり方を提案しようというところから、防災をすることがかっこいいとか、防災することがおしゃれという時代がきてもいいんじゃないか、と思うようになったんです。成功するかどうか、その確証はなかったけど、『防災をおしゃれなライフスタイルにする人』を増やしたい、という思いですね。まずはその土壌となる集合体をつくるために“防災ガール”というネーミングで始めました」(田中氏)

 現在、全国に111人ほどの防災ガールが様々な活動に従事している。ただ、ガールといっても女性限定というわけではない。

「約7割が女性で3割が男性、という感じです。平均年齢は26歳くらいです。半年に一度程度の割合で入会のための面接をしています。その際、防災の知識の有無などはあまり問題にしていません。それよりいかにやる気やモチベーションがあるか、私達の思いにどれだけ深く共感してもらえるか、そうしたところを主に見させていただいています」(田中氏)

 防災ガールの最終的なヴィジョンは、「防災が当たり前の世の中になること」だ。そのため、大きな網を広げるのではなく、ターゲットを絞り込んで訴求していく。広告代理店で学んだ感覚が日々の団体運営に行かされている。