東京都民に配られた大人気の防災ブック『東京防災』

 東京都内の全戸にポスティングという形で配布された防災ブック『東京防災』。企画立案・制作から配布までに20億円の予算がかけられた。“防災の鬼”渡辺実氏は「そもそも防災意識を高めるために作られた冊子である。配っただけで終わっては意味がない」と言う。都民が生活の中で役立ててこそ、危機管理の血となり肉となるわけだ。後半では「『東京防災』を配布したその後」と「意外と知られていない『東京防災』豆知識」に“防災の鬼”が切り込む。

 大人気である防災ブック『東京防災』を企画した東京都総合局総合防災部を訊ねた“チームぶら防”。前回は、実際に記載した通りに防災グッズが作れるかを検証すると共に、『東京防災』がどのような目的で作られたかなどについて尋ねた。対応してくれたのは、東京都総合局総合防災部防災管理課長の船川勝義さんだ。

 2016年に入った時点で、おおむね配布が終わったという『東京防災』。しかしそこからさらにオファーがあって、現在は140円で販売もしている状況。しかも増刷が追いついていない。その状況を鑑みたうえで、「大反響といっていいと思うのですが、こうしたものは配布しただけで終わっては意味がありません。その後の展開として、また20億円の予算をかけた事業として、その費用対効果をお伺いしたい」と渡辺氏は投げかける。

「確かに20億円という金額だけを見てみると、それが高いのか安いのかは議論のしどころだと思っています。『東京防災』ですが、実際には750万部を印刷して、各ご家庭にポスティングという形でお配りしました。現状で1家に1冊はあるだろうという状況になっているはずです。

 当初からもし販売した場合、コーヒー1杯ほどの値段であれば手にとってもらいやすいだろう、という思いがありました。つまり百数十円の感覚ですね。実際、『東京防災』の制作費を1冊単位に換算するとそのくらいの値段になります。現在は1冊140円で販売しているのですが、1冊単位の制作費もちょうどそのくらいなんです」(船川氏)