西日本旅客鉄道は、豪華寝台列車「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」の運行日などを発表した(写真:宮田昌彦)

 11月29日、西日本旅客鉄道(JR西日本)が、2017年から運行する豪華寝台列車「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」(以下、瑞風)の詳細を発表した。

 運行開始は、2017年6月17日。列車の乗車券や特急券のみでは販売せず、沿線を立ち寄る観光や食事なども付いた旅行商品として販売する。行程は計5コース。1泊2日コース(片道)には、京都駅・大阪駅~下関駅間を運行する山陽の上りと下り、山陰の上りと下りの計4コースがある。このほか京都駅・大阪駅発で京都駅・新大阪駅着の2泊3日で山陰および山陽を周遊するコースが1つある。

 1人当たりの旅行代金は、一般的な客室のロイヤルツイン(2名利用)で1泊2日コースは27万円(繁忙期の9月は30万円)、周遊コースは50万円(同55万円)、1人向けの客室(ロイヤルシングル)もある。1両を1室で占有でき、バスタブ付きの浴室を備えたザ・スイート(2名利用)は、1泊2日で75万円(78万円)、周遊コースでは120万円(125万円)となっている。

1両を1室で占有でき、バスタブ付きの浴室があるザ・スイート

 運行開始から2017年9月までの乗車分の申し込みは、12月5日から来年1月まで、JR西日本の子会社である日本旅行に設置した専用のツアーデスクで受け付ける。このほか主要な旅行会社での販売を予定している。定員は最大34名と少ないため、申し込み多数の場合は抽選となる。こうした旅行の申し込み方は、九州旅客鉄道(JR九州)の豪華寝台列車「ななつ星 in 九州」と同じような形式と言えるだろう。