2016年、邦画で最も話題となった作品は新海誠監督の「君の名は。」だろう。

 興行収入は既に194億円を突破。邦画では歴代3位の記録を打ち立てた。日本での熱も冷めやらぬうちに、海外での公開もスタート。計92の国と地域での配給が決まっており、既に公開しているタイ、香港、台湾では興行ランキング1位を獲得する人気ぶりだ。

 記者も2回映画館に足を運んだが、緻密に練られたストーリー展開はもちろん、都市部や田舎町の細かく綺麗な”日本らしい”景色の描写が、国内外問わず人気を集める所以だと感じた。そして今週金曜日からは、いよいよ中国での公開が始まる。日本公開からわずか3ヶ月強という異例の速さでの上映開始に、その注目度の高さが現れている。

 今回、中国のコンテンツ産業について取材をするなかで、閉鎖的だった中国の映画産業が大きく変わり始めているのではと感じた。2つの作品を巡る動きにそれが如実に現れていると思う。一つが、まさに「君の名は。」だ。

慎重だった中国でのパートナー選び

 中国公開に向けては、実は今年8月の日本公開前から既に動きがあった。

 「中国にも新海監督ファンが多くいる。中国で公開するときは、ぜひ我々に手がけさせてほしい」

 中国でスマートフォン(スマホ)ゲームの配信を手がけるアクセスブライト(東京都港区)の柏口之宏社長は、日本公開が始まる前から配給会社、東宝の担当者にこう頼み込んでいたと言う。この時点では、海外での具体的な配給計画は決まっていない状態だったが、日本の公開前から既に世界各国からオファーは殺到しており準備は進んでいた。中でも特殊市場である中国は慎重だ。海外映画の輸入審査が厳しい上に、海賊盤も出回るなど市場環境がいいとは決して言えない。それだけに配給会社選びにも慎重にならざるを得ない。

 今回アクセスブライトが窓口となり、同社が提携する中国の映画製作 最大手、北京光線伝媒(ベイジン・エン ライト・メディア)が配給・配信の権利を獲得した。アクセスブライトは2011年に、セガ・チャイナを設立した柏口社長が立ち上げた会社。ゲームを中心としたコンテンツを中国の文化に合わせて「カルチャライズ」し配信している。これまでに8本の日本のゲームを中国で配信しており、来年、世界で人気のキャラクター「ハローキティ」を題材にしたスマホゲームの中国配信も決まっている。日本の映画業界のトップ企業が中国の映画業界のトップ企業とタッグを組むことになったのだ。