「共有」市場、一番影響を受けるのは自動車産業

シェアリングサービスの代表格である配車サービスの「ウーバー」(左)と、民泊サービス「エアビーアンドビー」(右)
閉じる