この秋、物流業界で残念なニュースが2つ、報じられた。

 1つは宅配便大手の佐川急便。同社の東京営業所では、運転手が宅配便の集配中に駐車違反で検挙され、知り合いに頼んで身代わり出頭をさせたという。警視庁の調べを受けて、東京営業所の係長ら6人が逮捕された。

 東京営業所では、ほかの社員の間でも身代わり出頭が常態化していた疑いがあるという。警視庁での調べに対し、逮捕された社員らは、「違反をした運転手は配送業務ができなくなり、回らなくなるため」と語ったという。

 もう1つのニュースは、宅配便最大手のヤマト運輸。同社の横浜市にある営業所では、残業代未払いなどを理由に、横浜北労働基準監督署から是正勧告を受けていたという。荷物の取扱量が増え、休憩時間が法定通りに取れなかったり、時間外労働に対する残業代が支払われなかったりしたという。

 セールスドライバーらは、それまで配送業務で使う情報端末の稼働時間を労働時間として所長に提出していたが、実際には配送業務を終えた後でも、報告書作成などの業務があったという。つまり実際には情報端末の稼働時間よりも多く働いていたとして、残業代の不払いが認定された。

 駐車違反の身代わり出頭にしても、残業代の不払いにしても、決して許されるものではない。企業として改める必要があるのは言うまでもない。だが、この2つのニュースが相次いで報じられた時、記者はこれら2社を批判する気持ちよりも、どちらかと言うと、ある種の“バツの悪さ”を感じてしまった。ヤマト運輸と佐川運輸が今回犯した法律違反に、自分も加担してしまったかのような、何とも言えないやましい気持ちである。

 2つのニュースで報じられた法律違反の内容は全く異なるものだ。だが法律違反が発生した背景には、共通した問題がある。増える荷物の数、複雑さを増す配送サービス、それらに反比例するかのように、便利に進化するインターネット通販…。そんな事情が、2つの企業を法律違反に走らせたのではないかと感じたのだ。

最速で、毎日届く

 恥を忍んで告白すると、記者は今、ネット通販の「アマゾン」なしには生活ができない。

 米やワインといった食料品に始まり、洗濯用洗剤やシャンプーなどの日用品、ペットのトイレシート、化粧品やスポーツ用品、家電製品や調理道具と、生活に必要なありとあらゆる商品を、アマゾンで買っている。

宅配便によって届けられる数々の商品が、生活の生命線となりつつある(写真:アフロ)

 自宅から歩いて数分の場所には、食品スーパーもドラッグストアもある。たった数分電車に乗るだけで、家電量販店や百貨店もある。それでも記者は、リアル店舗に足を運ばず、ついアマゾンで買い物を済ませてしまっている。それも仕事が忙しくなるほど、アマゾンに頼る傾向は高まっていく。

 記者が注文するたびに、自宅の玄関(もしくはマンションの宅配ロッカー)まで届けてくれるのは、ヤマト運輸などのセールスドライバーだ。記者が「ちょっと面倒だから」「外に出るのは寒いから」と思ってアマゾンで気軽に買った商品を、毎日毎日、届けてくれている。

 荷物を受け取るたび、感謝の気持ちと同時に、「記者が面倒臭がったばかりに」という申し訳ない気持ちもよぎる。